ギャラリー唐橋、画廊、滋賀青年会館、大津、あーぶ滋賀、アーブ滋賀、瀬田の唐橋、大津観光、
 ▲ギャラリー唐橋は
  滋賀県青年会館の施設で
  宿泊も出来ます。
 ●洋室 5,500円より(税込)
 ●和室 4,800円(お一人様につき)(税込) 

 唐橋の歴史
琵琶湖から流れ出る唯一の瀬田川に架かる唐橋は、
京都防衛上の重要な橋であったことから、
古くから「唐橋を制する者は天下を制す」と言われてきました。
壬申の乱では大友皇子と大海人皇子の決戦場となり、他にも幾度も戦場となり、
破壊と再建が繰り返されました。
現在の位置に橋を移したのは織田信長で、江戸時代には東海道の要所として発展、
中の島を中継地に大橋と小橋の双橋構造としたのもこの時からです。
「ギャラリー唐橋」はその中の島にあり、お隣に宿泊・研修も出来る滋賀青年会館があります。
日本三名橋の一つとしても知られ、安藤広重(左写真)による『近江八景』の『瀬田夕照』は
この橋の風景を描いたものです。
▲安藤広重の版画
左のバナーをクリックすると、琵琶湖や瀬田川の四季の写真がご覧いただけます。
お気に入りの写真はご自由にお使い下さい。

 唐橋の四季
▲唐橋の春(写真:大津市) ▲唐橋の夏(写真:大津市) ▲唐橋の秋(写真大津市) ▲唐橋の冬(建物は青年会館)

ギャラリー唐橋
〒520-0851大津市唐橋町23−3
TEL 077-531-1310